Category Archives: Uncategorized

Raspberry PiとPCを有線で直接繋いでSSHする

Raspberry PiにSSH接続したいけど、IPアドレスわからない、これは学生にとって永遠のテームだ。そのためモニターの前に待ち行列を作り、モニターがない場合はお手上げしている。

Raspberry PiとPCを有線で直接繋いでSSHすることが’できれば、コンビニでも買えるLANケーブル一本ですべて解決する。

リモート(Raspberry Pi)側

イメージをMicroSDに書き込んだ後、MicroSDのルートディレクトリにsshという名前で空のファイルを作成する。

ホスト側

LANポートのないパソコンはLANアダプターが必要。

BUFFALO LUA3-U2-ATX (https://www.amazon.co.jp/dp/B002IT5ZPG

Windowsの場合、タスクマネージャー(Ctrl+Shift+Esc)でBonjour Serviceが実行中になっているか確認しましょう。なければ Bonjour Print Servicesがインストールする。

Mac OSは何もインストール必要がないようです。

SSH接続してみる

raspberrypi.local へ接続するだけ。

新しい書き込みユーティリティ、Raspberry Pi Imagerの紹介

Raspbian、公式のRaspberry Piオペレーティングシステム、およびその他のオペレーティングシステムを使用して、microSDカードのイメージをより簡単に作成できます。新しい書き込みユーティリティ、Raspberry Pi Imagerの紹介。

 

Raspberry Pi体験の簡素化

Raspberry Pi体験の最も重要な側面の1つは、できるだけ簡単に開始できるようにすることです。そのために、最初のRaspberry Piを起動してから、オペレーティングシステムにGUIを追加し、最初に起動するときにRaspberry Piをセットアップするのに役立つウィザードと、人々を呼び込み、ランニング。Raspberry Piデスクトップキットを開発して、必要なものすべて(モニターを除く)を1つのボックスに入れて、できるだけ簡単にできるようにしました。

これらのすべてがよりシンプルに向かう動きにもかかわらず、microSDカードに関しては、お気に入りのRaspberry Piオペレーティングシステムでそれらをプログラミングすることは常に少し難しいです。

主な問題は、人々のメインコンピューターWindows、macOS、およびLinuxはすべて、SDカードへのアクセス方法がに異なります。また、一部の新しいRaspberry Piユーザーにとって、最新のイメージの場所とmicroSDカードへの取り込み方法を理解することは、少し混乱する可能性があります。

新しいRaspberry Pi Imagerの紹介

これから、Raspberry Piユーザーは、Windows、macOS、Ubuntuで利用可能な新しいRaspberry Pi Imagerをダウンロードして使用できるようになります。

このユーティリティは、メカニクスに導入したいくつかのショートカットのおかげで、使いやすく、非常に高速です。

まず、Raspberry Pi Imagerは、現在のすべてのダウンロードオプションのリストとともに当社のWebサイトから.JSONファイルをダウンロードし、常に最新バージョンをインストールするようにします。

使用可能なオプションからオペレーティングシステムを選択すると、ユーティリティは当社のWebサイトから関連ファイルを直接読み取り、SDカードに直接書き込みます。これにより、Webサイトから読み取り、ハードドライブ上のファイルに書き込み、それから別のステップとして、ハードドライブから読み取り、SDに書き込む標準プロセスと比較して、プロセスが大幅に高速化されます。カード。

このプロセス中に、Raspberry Pi Imagerはダウンロードしたオペレーティングシステムイメージもキャッシュします。つまり、コンピューターにローカルコピーを保存します。そのため、ファイルを再度ダウンロードせずに追加のSDカードをプログラムできます。

オープンソースですぐに使える!

ダウンロードページから Raspberry Pi Imager 今すぐダウンロードしてください

Mac OSX でWeb開発環境を構築する

Mac OSX のローカル環境でApache, MySQL, PHP 環境が試したくなり、VMなどいろいろ便利なパッケージがありそうだが、一番基本な方法で揃いたい。

Apache

ApacheもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用
$ # Stop
$ sudo apachectl start
$ # Start
$ sudo apachectl start
Apacheの動作確認
sh-3.2# httpd -v
Server version: Apache/2.4.16 (Unix)
Server built:   Aug 22 2015 16:51:57
 ブラウザで下記のURLで動作確認。

http://localhost/

Web Rootは /Library/WebServer/Documents/ にある。

PHP

php有効にする

PHPもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用。
まず、httpd.conf に phpモジュール行のコメントを外す
# LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
(最新版のMacOSは、php7_moduleになる)
$ sudo vi /private/etc/apache2/httpd.conf
それからApacheを再起動
$ sudo apachectl restart

なう、/privateは隠しフォルダのため、Finderで探して修正する場合、以下のキーを同時に押下し、隠しフォルダ・隠しファイルが表示するように。

[command] + [shift] + [.(ドット)]

上記のショートカットキーで表示・非表示を切り替えられる。

info.phpでphp動作確認

php動作確認を確認するため、下記のパスに、info.phpファイルを作成する。

cd /Library/WebServer/Documents

Filename: info.php

<?php

// Show all information, defaults to INFO_ALL
phpinfo();

?>
ブラウザで下記のURLで動作確認。
http://localhost/info.php

 

MySQL

MySQL のインストール方法は複数あり、ここではbrew でインストールと本家からダウンロード してインストール方法を紹介

brew でインストール

 

OSXにHomebrewをインストールする

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ローカルの環境(Mac)に MySQL をインストール

$ brew install mysql
$ mysql.server start
Starting MySQL
. SUCCESS!

MySQLを起動する。もしmacOSが古い場合、下記のエラーが発生することがある。

mysql: macOS Sierra or newer is required.
Error: An unsatisfied requirement failed this build.
その場合、対応する古いMySQLバージョンをインストールする。
$ brew install mysql@5.6
$ /usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql –version
/usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql Ver 14.14 Distrib 5.6.42, for osx10.11 (x86_64) using EditLine wrapper
$ brew services start mysql@5.6
==> Successfully started `mysql@5.6` (label: homebrew.mxcl.mysql@5.6)

本家からダウンロードしてインストール

MySQLはMacOS Xにないので、本家からダウンロード
ダウンロードしたファイルをインストールする。

MySQLの動作確認

MySQL AdminerはWebブラウザから使用するPHP製データベースクライアント。インストールは公式サイトからダウンロードして、FTPでPHPファイル置くだけですから手軽。
公式サイト https://www.adminer.org/
homebreawでMySQLインストールしたけど、繋がらない問題が発生、これはmysql.sockの場所の認識が違うため、シンポーリンクをつける。
sh-3.2# cd /var
sh-3.2# mkdir mysql
sh-3.2# chmod 755 mysql
sh-3.2# cd mysql/
sh-3.2# ln -s /tmp/mysql.sock mysql.sock

WordPressインストール

wp-cli install

$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 4487k 100 4487k 0 0 956k 0 0:00:04 0:00:04 –:–:– 911k

$ chmod +x wp-cli.phar

$ mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp

$ wp –info
OS: Darwin 17.7.0 Darwin Kernel Version 17.7.0: Thu Jun 21 22:53:14 PDT 2018; root:xnu-4570.71.2~1/RELEASE_X86_64 x86_64
Shell: /bin/bash
PHP binary: /usr/bin/php
PHP version: 7.1.16
php.ini used:
WP-CLI root dir: phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir: phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path: /Users/chen
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 1.5.1

WordPressインストール

sh-3.2# cd /Library/WebServer/Documents
sh-3.2# wp core download –locale=ja –path=wordpress –allow-root
Creating directory ‘/Library/WebServer/Documents/wordpress/’.
Downloading WordPress 4.9.7 (ja)…
md5 hash verified: b4aea3d0f3353ff1bb5ccdb246732574
Success: WordPress downloaded.
sh-3.2#
設定ファイル生成

sh-3.2# wp core config –dbname=wp_test –dbuser=root –dbpass= –dbhost=localhost –allow-root –path=wordpress

Success: Generated ‘wp-config.php’ file.

データベース作成

sh-3.2# mysqladmin -u root create wp_test
sh-3.2#

WordPressセットアップ

http://localhost/wordpress/

 

参考資料

モバイルでの処理速度のテスト結果を Test My Site で確認

記事で、Googleの「TEST MY SITE」を知り、モバイルでの処理速度のテスト結果を Test My Site で確認可能。

「TEST MY SITE」
https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

早速テストして見た

このような画面が見える

「無料レポートを取得」をクリックすると、メールアドレスの入力する。しばらく待つと、

このようなレポート

iMACのHDDをSSDに換装

 

24インチiMac(24-inch, Early 2009)のHDDをSSDに換装し、「OS X El Capitan」新規インストールする。

概要:

  1. USBインストールメディア
  2. HDDをSSDに換装
  3. ボタン電池交換
  4. Macの日時の設定
  5. SSDのフォーマット
  6. OSをインストールする
  7. おわり

USBインストールメディア

「OS X El Capitan」は6Gもあるので、普通のDVDも入れない。WEB記事参考して、USBインストールメディアを準備した。

楽そうなDiskMaker X方法を試したが、うまくいかないので、Apple勧めたコマンドライン方法でできました。

HDDをSSDに換装

下記のサイトを参考して、一時間あまりでできた。

24インチiMac(24-inch, Early 2009)のHDDをSSDに換装する

両面テープではなく、2.5->3.5 変換アダプタを利用した。アダプタは短いので、固定レジはコネクター側2個だけ付けた。まー、両面テープよりは融通性がいいかも。アダプタ位置が3.5の場合とずれたため、ケーブルは届くが、ぎりぎり状態。

2016-09-17 11.26.24

温度センサーは、そのままSSD表面に貼る。SSDは熱を発しないため「あまりにも無意味な行動」けど。そのままの一番シンプルの方法でOK。

(Webの記事では、色んな対処法あり:

  1. ショットさせると良い
  2. アプリでファン制御
  3. 温度センサーを付け直
  4. ...)

ボタン電池交換

おそらく日付保持するボタン電池が切れたと思うので、新品と交換。テスターで確認したら確かに2.8Vしなない。

しかしこの余計な手順で思わぬ落とし穴…

Macの日時の設定

早速OS再インストールを試すが、以下のエラーが発生する

このOS X El Capitan インストールアプリケーションを検証できません。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります。

英語の場合:

This copy of the Install OS X El Capitan application can’t be verified.
It may have been corrupted or tampered with during downloading.

解決するまで数時間を浪費した!!!

まず、文字通りに、対策として:

  1. ネットインストール。しかしOption+Command+R効かない
  2. USBインストールメディアを再作成。しかし同じエラーが発生
  3. 再度ダウンロード。ダウンロードしたものを削除して、AppStoreにダウンロードし直す、しかし回転アイコンが表示するが、いつまでもダウンロード始まらない!なぜ?

途方に暮れて、google先生に助けを求める。

検索結果にAppleの証明書の有効期限切れの対策が多いが、そうじゃないの気がする。

Appleの証明書の有効期限切れに伴い、2016年2月14日以前に作成したOS Xのインストールディスクが全て利用できない状態に。 – AAPL Ch-

下記の一件だけが気になった。

Mac再インストール時に「このOS X ○○ インストールアプリケーションを検証できません」というエラーが出る場合は日時が過去になってないか確認 – Qiita

ボタン電池交換で、時計が狂ったが原因でした。

コマンドラインから、時計を今日の日付に直した。変更するにはdateに続けて数値を2桁ずつ「月、日、時、分、年」の順番に入力する
(mmddHHMMyy)

2016年02月20日11時22分にしたい場合

date 0220112216

SSDのフォーマット

OS再インストールは、また問題にであった。換装したSSDが見つからない。

Windowsの感覚でインストーラがSSD見つかって、途中フォマードができると思ったが、違った!

再起動は数回したが、簡単にばらすWindows機材なら、もうばらして、コネクターの接続を確かめところだった。

先人のSSDに換装記事をよく見たら、インストール前に、「ディスクユーティリティ」でフォーマットが必要でした。

OSをインストールする

SSDフォーマットして、遂にOSのインストールにたどり着いた。それからほぼ順調に進んでいるが、Macのインストーラにて「残り1秒」で何十分も放置され、再起動するところでした。

2016-09-17 18.55.14

おわり

インストール途中、ときにはUSBキーボード効かない、Bluetoothキーボードをペアリングしろう;ときにはペアリングしたBluetoothキーボードも効かない、入力できない、気が付いて「キーボード不慣れモード」でマウスで文字入力操作ができた。しかしマウスのみ操作でアカウントのパスワード入力できなく、前に進まないなどなど、苦労が多いわ!

インストール終了後、USBキーボード、Bluetoothキーボードどちらも使えるようになったけど。

次はBoot Camp を使って Mac に Windows 7 をインストールすると考える。まず16GBUSBメモリを注文した。下記の内容は参考になりそう。

OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使ってWindows7をインストールする方法 – OTTAN.XYZ

Get Apache, MySQL, PHP and Adminer working on MacOS X 10.11 El Capitan

WordPress WordCamp 2015 のコントリビューターデイで、コアチームに参加したので、ローカルApache, MySQL, PHP 環境が試したくなり、VMなどいろいろ便利なパッケージがありそうだが、一番基本な方法で揃いたい。

Apache

ApacheもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用
sudo apachectl start  # Strat
sudo apachectl start  # Stop
sh-3.2# httpd -v
Server version: Apache/2.4.16 (Unix)
Server built:   Aug 22 2015 16:51:57
http://localhost/ 動作確認
Web Rootは /Library/WebServer/Documents/

PHP

PHPもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用
まず、httpd.confに phpモジュールのコメントを外す
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
それからApacheを再起動
sudo apachectl restart
info.phpでphp動作確認
 <?php phpinfo(); ?>
http://localhost/info.php

MySQL

MySQLはMacOS Xにないので、本家からダウンロード
ダウンロードしたファイルを起動する

Adminer

phpMyAdmin をいれると勧めるページが多いが、一個ファイルでDB管理できるのAdminerを勧めたい。
一個ファイルで作成されているため設置が簡単。
https://www.adminer.org/ からファイルをダウンロードしてください。「

svn

svn内蔵されたので、そのまま利用

git

Xcode またはXcode Command Line Toolsを入れると、gitもついでにいれた模様。

参考資料:

自宅NURO導入まとめ

 

一年間WIMAXで我慢して、遂に自宅NURO導入することになりました。

しかし、家の構造上、二階のリビングルームに引き込むしかできないと言われ、作業部屋とサーバルームは一階だから、困った。

せっかく2Gも高速なブロードバンドインターネットだから、有線配線したい。

事前に屋内電話配線利用できないかとチェックした。電話コンセント開けて見ると、LANケーブルで電話配線したので、早速壁式LANコンセントを注文。

2015-10-15 13.22.16

NURO回線設置した。電話コンセントしたから、光ファイバーを出して、隣のONU(光アダプター?)に繋ぐ。そのONUまたTAに繋ぐ。

 

2015-10-15 14.54.35 2015-10-15 16.03.54

固定電話も使わないね。電話コンセントを外して、LANコンセント付けた様子。

2015-10-16 11.23.49 2015-10-16 11.29.49

元の位置に戻す、蓋を被る。

2015-10-16 12.01.03

一階作業部屋とサーバルームにもLANコンセントを設置して見た。

ところで、予想した二階のリビングルームと一階作業部屋とサーバルームのケーブルはつながっていない!!!こうなるとすべて部屋の電話コンセントを外して調べてみると!

なんと二階のリビングルーム電話コンセントは三階の寝室に繋がっている、そこから三階の子供部屋、一階作業部屋の順に配線してた。職人さんが何を考えてるね。配線は長くなるじゃない?

LANケーブル2ヶ所もカットされ、どう繋ぐには悩み。

LANケーブル延長コネクターで繋ぐすることも考えられるが、LANケーブルにモジュラープラグの取り付けは、専用道具が必要だ!

2015-10-16 11.43.04

とりあえず、三階の寝室と三階の子供部屋のLANケーブルを連結する。容易に繋ぎのため、昔のRS-232Cのコンセント土台として利用。外にビニール袋を被て、元に戻して完成。スマートじゃないけどな。

いつかLANケーブルにモジュラープラグの取り付ける専用道具が借りれたら、またやり直す。

「自撮り棒」購入

アメリカ旅行中、「自撮り棒」が流行って様子を見て、買ってみたくなった。

音声と、Bluetoothでコントロールするタイプがある。いつものaliexpressから入手した。

2015-02-04 16.14.39

とりあえずiPhoneでテスト、Bluetooth接続だけ使えるようになった。

2015-02-04 16.12.12

自撮りじゃなくでも、いろいろに使えそうね。ちょっと試しに撮った写真。

2015-02-04 16.10.56

ところで、Bluetoothをつかった自撮り棒は、電波法の規制対象になり注意が必要と騒ぎになり、

Bluetoothは、スマートフォンに必須の機能で、そう言われて考えて見ると、海外のみ販売のスマートフォン、iPhoneも含めて、日本の「技適マーク(特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク)」がないので、日本で使うと違法になるね。

旧Gorilla ガラガラ山 NV-M15DT 修理

購入した中古車に、旧Gorilla NV-M15DTついてた。

起動時に、「福井県福井市居倉町付近、ガラガラ山」の真っ白画面、が表示され、内蔵されたバッテリーが寿命らしい。

対策を検討すると、幾つもある:

しかしどれも一長一短あるので、決まるまで時間がかかりそうだし、とりあえず旧Gorilla を修復するも考える。

ネットで検索すると、旧Gorilla NV-M15DT修理する記事が見つかった。今日分解して、同じ方法を取ろうとしてた。

2015-01-23 16.37.55

しかし取り外しが難しいそうだから、もう少し関連記事を探しているところ、何とある記事で2011.1/24のCR2032ボタン電池交換は、2011-09-11も再度、「福井県福井市居倉町付近、ガラガラ山」の真っ白画面、が表示されるので、8か月未満になる。ハンダで作業するから、折角修理して、もうちょっと長持ちにしたいよね!

例のAliexpressから、Original Battery Button Cell Holderを購入。(ちなみに総額US $2.65と安い!20 pieces / lot , US $0.14 / piece)。

2015-01-23 21.46.49

到着まで、分解したバラバラのナビーは、ホコリなどつけると復旧できないから、しばらくケースに閉める。

Nexus7(2012)の電源が入らなくなったの修理

約2年まえ当たったNexus7(2012)の電源が入らなくなった。

直接の原因は、数か月前家内が一度ゲームに熱中し、バッテリー完全放電したかもしれない。その後充電が時々おかしくなり、遂に充電できなくなった、バッテリー0%のままになり。

電源づけばなしでしばらく我慢したが、Android5にアップグレードするため、バッテリー50%ないとできない。ネットで調べると、一度バッテリー外してしばらくしてつなぎ直しと修復する場合があると、この際壊れても仕方ないと意を決してばらして修理を試すことにした。

2015-01-17 12.08.16

なんか、なぜかバッテリーはふらふらするね。外してみたら、バッテリーは両面テープで固定しただけ。

しかもバッテリー(上記画像)右のところ両面テープちゃんと基盤とバッテリーと貼ってあるが、左部分配線のため薄いので、両面テープは基盤にしか貼りつけてない。だからふらふらする。

おそらくこれぞと、左に2重両面テープで厚みを追加、しっかり基盤に貼りつけた。組み立て見るとバッテリー100%。またしばらく持ちそうだ。

2015-01-17 18.04.41

Nexusの組み立ては甘いね。改めて修理する前の写真を見ると、バッテリーケーブルと基盤繋げの部分金属が見えるので、接続不良だね。

そういえばスピーカーの音も接続不良も感じがする、ついてにその部分ばらして見ても、悪いところ見つからないので、内蔵音声があきらめる。